V-HF2000

ファイバーレーザー
ファイバーレーザー
独自開発のVortex Technologyと優れたビーム品質のシングルモード・レーザーとのハイブリッド化により、良好な溶接結果が得られ、応用の範囲が格段に広がります。  
ファイバーレーザー
ファイバーレーザー
当社の技術を結集した製品はお客様から高い信頼をいただいております。特殊ボルト・高強度ボルト・長物・太物ボルト・特殊ナット・ギヤブランク・特殊シャフト・精密シャフトなど、精密機械用部品のことなら当社までご相談ください。

Vortex Technology(PAT.)とは

    ◎弊社独自開発の技術で、従来のレーザー溶接機の弱点を大きく克服した革新的な技術です。
    ◎従来のレーザー溶接機に比べ美しく滑らかな溶接ビードが得られます。
    ◎クリーニング効果により溶接部位が撹拌さえアルミ材やメッキ鋼板で良好な溶接結果得られます。
    ◎操作が容易で、熟練者でなくても良好な溶接結果が得られます。

V-HF2000の特徴

優美で滑らかな溶接ビード


◇Vortex効果により、良好な溶接結果を生み出します。 角溶接において、より広く、丸みを帯びた美しいR形状の溶接ビードが得られます。

◇広範囲のクリーニング効果により綺麗な溶接ビードが形成され、良好な溶接結果が得られます。

◇従来のレーザー溶接機やTIG溶接機では難しい作業であったアルミ材やメッキ鋼板にも幅広く対応出来ます。

◇スポット溶接にも応用出来ます。
ファイバーレーザー
ファイバーレーザー

継手ギャップの許容度のアップ・溶加による容易な肉盛り溶接

ファイバーレーザー
◇従来のレーザー溶接機(YAGレーザー等)に比べ約1.5倍以上に継手許容度がアップします。
 
◇オプションのワイヤ送給装を用いた半自動溶接はもちろん、手動での溶加棒の挿入が容易で、熟練者でなくとも高品質な肉盛り溶接ができます。

小型・軽量の新型トーチで作業性・操作性が向上しました

ファイバーレーザー
◇レーザー溶接機のトーチはペンタイプという常識を打ち破り、TIG溶接機に迫る小型・軽量のT 字型トーチを新開発!
 
◇特に懐の深い溶接部の応用性がアップしました。
 
◇ロボットとの連動に適したペンタイプも選択出来ます。

溶け込み形状が変えられます

ファイバーレーザー
◇Vortexトーチはレーザー光のコントロールとレンズの焦点位置により溶け込み形状が変えられます。
 
◇V-HF2000は作業に応じてトーチおよびコントローラーの操作で簡単にレーザーの出射モード切替が出来ます。
 
1.Vortexモード   2.CWモード    3.パルスモード

省エネと容易な設置性

ファイバーレーザー
◇従来のレーザー溶接機(YAGレーザー等)に比べ、大幅に高い発振効率。
(YAG:3%、V-HF2000:30%)
◇外付けの大型チラー不要で、YAGレーザーのシステム(装置+チラー)の-80%の省エネを達成。
    
◇装置の運転は、三相200V30Aのブレーカーからの電源供給、シールドガスがあればOKです。

◇コンパクトかつ軽量の電源装置は容易に移動が可能。

◇電源装置はメンテフリーで、頻繁に消耗品を交換する必要がありません。


定格出力(W)
500
出力安定度(%)
+/-2
発振波長
シングル・モード
発振波長
1070nm
冷却方式
水冷
伝送ファイバー長
7m
ガイド光
635nm(赤色)
外部変調入力
CW~10Khz

定格電圧
3相 200V 50/60Hz
定格電力
2KVA
入力電流
12A/相
外形寸法
1,100H×600W×850D
重量
230Kg


形式
FL-200
FLP-200
形状
T字型
ペンタイプ
冷却方式
水冷
水冷
寸法
ハンドル部Φ34×約195L
Φ34×300L
リード長
7m
7m
ヘッド重量
450g
450g
ファイバーレーザー
 
 
機 能 拡 張 オ プ シ ョ ン
肉盛り用半自動ワイヤ送給装置
肉盛り用半自動ワイヤ送給装置
ワイヤ送給方向は前後自由に選択できます。
ハイブリット時はスムーズに肉盛り溶接ができます。
ファイバーレーザー
ワイヤ送給装置
ワイヤガイドの
トーチセット状態
ペン型トーチ
このタイプは自動機搭載に適していますが手動用にも適応しています。
◎切断機能の追加 
"本機能の追加で切断・溶接兼用機に拡張できます。" 
 
トーチはT字・ペン型のいずれも対応できます。 
詳細はお問合せ下さい。

ファイバーレーザー溶接機

ファイバーレーザー
◇YAGレーザの発振効率約3%に対し
   約30%で約10倍の発振効率
◇深い溶け込み、融点の違う金属も融合可能
◇溶接能力の大幅UP
 (適応板厚。溶接速度が大)
ファイバーレーザー
◇電気料金・容量の大幅削減
  (80%以上の電力削減が可能)
◇チラー内蔵式のためチラーの電源不要
◇維持費の大幅削減が可能
  (発振器の消耗部品が無いので定期交換
   等の部品代、人件費の大幅削減が可能)
ファイバーレーザー
◇美しく滑らか溶接ビード
 (荒いビード面ポロシティ等欠陥が無くなる)
◇継手精度の許容幅が大きい
◇適応金属の種類が多くなる
◇T字型トーチが使用できる
 (TIG溶接機と同様)
ファイバーレーザー
◇電源本体が小型・軽量
◇外部チラー不要
 (小さなスペースでも設置可能)
◇簡単移動
 (TIG溶接機並)

ファイバーレーザー V-HF2000(500W)

SUS304 1.5t VORTEXモードにて実施

Vortex ファイバーレーザー溶接機
V-HF2000(500w)
材質:SUS304 板厚:1.5t 
Vortexモードにて実施
SUS 1.5t パルスモード
Vortexファイバーレーザー溶接機 
V-HF2000(500w)
材質:SUS304 板厚:1.5t  
パルスモード+溶加棒にて実施
ショールームMAP
株式会社WEL-KEN
本社
〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-39-7
TEL.03-5432-4186
FAX.03-5432-4185

ショールーム
〒155-0033
 東京都世田谷区代田2-7-7
TEL.03-3418-0305
FAX.03-5787-5888