本文へ移動

Vortex Technologyとは

独自開発で特許取得済の特殊メカニズムをトーチに内蔵!
レーザービームを旋回させることにより従来のファイバーレーザー溶接機の弱点であった、材料精度や作業の許容度が大きく拡大します。
角溶接において、より広く、丸みを帯びた美しいR形状の溶接ビードが得られます。

従来品/他社FL

非常に細いビーム径なので材料にギャップがあるとレーザーが抜けてしまい溶接欠陥が発生します。

Vortex Technology

旋回するビームにより溶接欠陥を大幅に抑制します。

溶接ビード

従来品/他社FL

非常に細いビーム径なので材料にギャップがあるとレーザーが抜けてしまい溶接欠陥が発生します。

Vortex Technology

旋回するレーザービームにより、溶接継手のギャップが多少あっても完全に融合します。

肉盛り溶接が容易

従来のレーザー溶接機は出射されるビーム径が極めて小さいことにより、手動での肉盛り溶接には熟練が必要でした。Vortexはビーム旋回により従来のレーザー溶接機よりはるかに広いエリアにレーザーを照射できるので、『狙い』に対する許容度が拡大し、溶加棒に万遍無くレーザービームが照射され、材料を巻き込みながら溶かし込むので比較的容易に手動でTIG溶接並みのしっかりとした肉盛り溶接が可能です。

従来品/他社FL

Vortex Technology

Vortex効果~冶金学的な効果~

溶接作業においてはシールドガスを使用しますが従来品では材料の溶融部 (キーホール)に入り込んだガスが外部へ抜け切る前に材料が固まり、ブローホールやポロシティ等溶接欠陥が生じることがあります。
【クリーニング効果】
Vortexはレーザービームの旋回により溶融部(キーホール)内の残留ガスが放出され易くなるので、ブローホールやポロシティ等の発生を抑制します。
【ミキシング効果】
溶遊部は旋回するレーザービームにより撹拌され、良好な金属組織となります。

従来品/他社FL

Vortex Technology

溶融部に対してビーム照射は一方通行かつ一時的なので、入り込んだシールドガスが抜け切る前に材料が固まることによりブローホール発生のリスクがあります。また、金属組織の偏りが発生するリスクがあります。
溶融部のほぼ近い部分にビームが繰り返し照射され、溶融した状態が持続することで入り込んだシールドガスが抜けやすくなります。

Vortex Technology

レーザー光が回転している事が分かります。

SUS 2.0mm

Vortex Technologyを使用したSUS 2.0mmの溶接です。
ショールームMAP
株式会社WEL-KEN
本社
〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-39-7
TEL.03-5432-4186
FAX.03-5432-4185

ショールーム(営業窓口)
〒155-0033
 東京都世田谷区代田2-7-7
TEL.03-3418-0305
FAX.03-5787-5888
0
1
2
3
7
8
TOPへ戻る